078-360-0115
対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

公然わいせつ 示談/神戸あかり法律事務所

神戸あかり法律事務所 > 刑事事件に関するキーワード > 公然わいせつ 示談

公然わいせつ 示談

  • 刑事事件の流れ

    早めに弁護士に弁護を依頼することで、被疑者に有利な証拠を収集し、無罪の立証をすることで保釈が認められる場合や、罪を認める場合にも示談など被疑者に有利な活動を行うことが出来ます。示談が成立した場合には被害届が取り下げられたり、被害者の処罰感情が薄れることから刑の減軽が望めたりします。そのため不起訴(検察が起訴しない...

  • 傷害罪とは

    傷害やそれよりも程度が軽い暴行事件においては示談の成立の有無が判決に影響します。示談とは、加害者と被害者の間の合意であり、示談が成立していれば検察の起訴をしない不起訴や、起訴猶予といった処分、起訴されたとしても情状酌量が認められるという判決にもつながります。 この示談交渉はプライバシーなどの観点から、弁護士しか行...

  • 痴漢・わいせつ罪とは

    公然わいせつ罪や強制わいせつ罪、わいせつ物頒布罪など、わいせつという言葉を含む犯罪は多数あります。そうした事件をまとめて、わいせつ事件と呼ばれます。 中でも強制わいせつは暴行や脅迫を用いてわいせつな行為をするものであり、実務上では服の中に手を入れるなどした場合には強制わいせつ、服の上から触る行為は痴漢といった形で...

  • 神戸で交通事故に強い弁護士を探されている方

    交通事故で弁護士は、示談交渉や訴訟に対応することができます。一般的に、交通事故の損害賠償問題の9割近くが示談交渉により解決しているといわれていますので、示談交渉の段階から弁護士のサポートを受けることには、大きなメリットがあります。たとえば、慰謝料については、自賠責保険の基準や任意保険の基準ではなく、もっとも手厚い...

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    そうした場合には、自身や家族の容態回復を最優先とし、しばらく示談交渉などは落ち着くまで停止していても問題ありません。 ■示談交渉示談交渉を行う段になったら、まずは過失割合や損害賠償の項目、額について検討します。しかしながら、ご自分で示談交渉を行うことは、あまりおすすめできません。相手方の知識や経験のほうが多いケー...

  • 高次脳機能障害とは

    示談が成立したが、その後症状が出始めた。この症状について損害賠償を請求することはできないのだろうか。交通事故による高次脳機能障害について、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。このページでは、交通事故にまつわる数多くのキーワードのなかから、高次脳機能障害についてスポットライトをあてて、ご説明してま...

  • 刑事事件の示談―ポイントや流れ―

    刑事事件において示談は大きな意味を持ちます。示談とは、民事上の加害者と被害者の間の和解のことを指します。示談では該当する事件の内容(日にちや被害者加害者、被害の特定など)、さらには損害賠償や慰謝料の額が記載されます。また、示談成立後の事件の蒸し返しを防ぐための清算条項も、多くの場合記載されます。示談の成立は起訴前...

当事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の検認手続き

    遺言者が死亡した際に、遺言書を保管していた人や遺言書を発見した人が真っ先に行うべきことは、遅滞なく速やかに家庭裁判所に遺...

  • 成年後見制度とは

    成年後見制度とは、認知症の発症者など、事理弁式能力を欠く人(被後見人)に財産管理などをサポートする人(後見人)をつける制...

  • 痴漢・わいせつ罪とは

    痴漢とは、電車やバス内などといった公共の場で、主に女性の臀部や胸などを触ったりする行為です。被害の大半は女性ですが、男性...

  • 不動産売買契約書のチェッ...

    土地や家といった不動産の売買においても、他の契約と同様に口頭だけでも契約を交わすことは可能です。しかし、不動産の売買は高...

  • 人身事故の示談交渉で知っ...

    現在の日本では、およそ1分に1件の割合で交通事故が発生しているといわれています。このページでは、交通事故にまつわる数多く...

  • 遺留分減殺請求とは(遺留...

    法定相続人には最低限相続できる財産として認められている遺留分というものがあります。これは故人様の配偶者、父母や祖父母など...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    不動産の売買や賃貸においては、建物の契約を結んだあとに建物を明け渡す、立ち退いてもらうことでようやくすべての契約が履行さ...

  • 遺産分割

    相続において複数の相続人がいる場合、まず遺産は共有状態となります。それぞれの相続人が単独で財産を所有できるようにするため...

  • 交通事故発生から解決まで...

    「歩行中に交通事故の被害に遭い現在入院しているが、今後のどのような流れで対応していけばよいのか分からない。」「親戚が交通...

  • 立ち退き交渉を裁判で解決...

    例えば家賃が数ヶ月滞納している、あるいは賃貸している部屋を契約内容にそぐわない意図で使用した場合に、貸主(大家さん)は借...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

交通事故・遺産相続に強い弁護士が、最善の解決方法を提案いたします。 一人で悩まずお気軽にご相談ください。

所属弁護士

松原 由尚(まつばら よしひさ)

仲谷 仁志(なかたに ひとし)

大島 智子(おおしま ともこ)

所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 兵庫県神戸市、芦屋市、明石市、西宮市を中心に、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府、和歌山県にお住まいの方から交通事故、相続などの法律相談を承っています。

法律問題の解決には、悩みを抱えている方のご状況をしっかりと把握することが重要と考えていますので、じっくり時間をかけて丁寧にお話しをお伺いすることを心がけています。

お困りの際は費用面など気になさらずお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 神戸あかり法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
所在地 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-3-2 三共神戸ツインビル11階
電話番号/FAX番号 TEL:078-360-0115 / FAX:078-360-0116
対応時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝

ページトップへ