078-360-0115
対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

弁護士費用特約の適用範囲|使えない場合はどうする?/神戸あかり法律事務所

神戸あかり法律事務所 > 交通事故 > 弁護士費用特約の適用範囲|使えない場合はどうする?

弁護士費用特約の適用範囲|使えない場合はどうする?

保険の契約をする際やテレビCMなどで「弁護士費用特約」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

当記事では、弁護士費用特約とは何か、適用範囲と使えない場合の対処法について詳しく解説をしていきます。

 

 

弁護士費用特約とは

 

弁護士費用特約とは、交通事故の被害にあった際に、相手方との示談交渉を弁護士に依頼することでかかった弁護士費用を、保険会社に負担してもらうことができるサービスのことを指します。

 

負担してもらえる額には上限が設定されており、死亡事故や重度の後遺障害が残るような大きな事故でなければ、限度額を超過するということはあまりありません。

 

そのため、たいていのケースで弁護士費用の本人負担はなく、弁護士への依頼をすることが可能です。

 

弁護士費用特約は自身が加入していなくても、家族が加入していたり、医療保険や火災保険などの他の保険に弁護士費用特約がついていたりするような場合には、利用できることがあります。

 

近年では弁護士費用特約に加入する方が多くなってきているようです。

しかし、契約に付随していることを把握していなかったり、特約を付けたこと自体を忘れてしまったりしている場合には、今一度ご契約中の内容を確認されることをおすすめします。

 

 

弁護士費用特約の適用範囲

 

上記で少し触れましたが、家族が弁護士費用特約に加入している場合には、自身も弁護士費用特約を利用できることがあります。

 

そこで具体的な弁護士費用特約の適用範囲を示していきましょう。

 

弁護士費用特約は本人はもちろんのこと、配偶者、別居している未婚の子、同居している親族、保険契約車両の搭乗者、契約車両の所有者と、非常に広い範囲で適用されます。

 

また、交通事故は車両同士の事故に限られません。

自転車や歩行中、バスやタクシーなどの公共交通機関を利用している際にも交通事故の被害に遭う可能性があります。

このようなケースであっても、弁護士費用特約の適用範囲内となっている方であれば、特約を利用することが可能です。

もっとも、保険会社によっては適用範囲が異なるケースもあるため、注意する必要があります。

 

 

弁護士費用特約が使えない場合とその対処法

 

交通事故の被害者であれば、必ずしも弁護士費用特約が利用できるというわけではありません。

以下のようなケースでは、弁護士費用特約が使えないことが多くなっています。

 

・地震、津波、台風のような自然災害によって発生した損害

・被害者が酒気帯び運転や薬物などの影響で正常な判断ができない状態で運転をしていた時に発生した事故

・被害者の自殺行為、犯罪行為、闘争行為によって発生した損害

・被害者の故意または重大な過失によって発生した事故

・事故の加害者が被害者の配偶者や同居している親族の場合

 

具体的に使えないケースについては、ご自身の加入されている保険会社の弁護士費用特約の約款に詳しく記載されていますので、一度確認してみましょう。

 

上記のようなケースに該当しないにもかかわらず、保険会社の意向によって弁護士費用特約を使わせてもらえないといったことがあります。

これは保険会社が弁護士費用を支出することを渋っているためです。

 

しかしながら、加入者としては特約を利用するために保険料を毎月支払っているため、積極的に利用すべき権利と言えるでしょう。

 

 

交通事故のトラブルは神戸あかり法律事務所にお任せください

 

弁護士費用特約を利用することで、弁護士費用を抑えて示談交渉の依頼をすることが可能です。

また、弁護士に示談交渉を依頼することで、賠償金の額が増額することがあるため、弁護士費用特約に加入している場合には、一度弁護士に相談をしてみましょう。

 

神戸あかり法律事務所では、休業損害、逸失利益、後遺障害などの交通事故に関する法律問題も専門的に取り扱っておりますので、お困りの方は一度ご相談にお越しください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書作成

    遺言は遺言者の意思を表示し実現するための制度です。遺言書を書くことは遺言者の持つ財産の行き先を明確にすることで、故人様の...

  • 相続における寄与分とは?...

    ◆寄与分とは?相続における寄与分とは、相続人が被相続人の財産の管理や増加に関して大きく貢献をしている場合や、被相続人の看...

  • 高次脳機能障害とは

    「交通事故の被害に遭い、後遺障害が残りそうだと医師に診断されたが、加害者側の保険会社からは後遺障害は認められないと言われ...

  • 自賠責保険の被害者請求

    一般的に、自動車が交通事故を起こし他人の生命または身体に損害が生じた場合、自動車の運行供用者は損害賠償責任を負います(自...

  • 遺留分減殺請求とは(遺留...

    法定相続人には最低限相続できる財産として認められている遺留分というものがあります。これは故人様の配偶者、父母や祖父母など...

  • 相続遺産の使い込みが発覚...

    遺産の使い込みとは、被相続人の遺産を相続人などが自分のものとしている状態を言います。使い込みの具体例を挙げるとすると、相...

  • 物損事故

    自転車事故、自動車事故などの交通事故により、自分が所有する自転車や自動車などの財産が損害を受けた場合に、物損事故が発生し...

  • 神戸で相続放棄をお考えの...

    身近な人が亡くなり、借金等の負債が多いために相続放棄を検討しているが、どのような注意点があるのかといったご相談をいただく...

  • 遺言書の検認手続き

    遺言者が死亡した際に、遺言書を保管していた人や遺言書を発見した人が真っ先に行うべきことは、遅滞なく速やかに家庭裁判所に遺...

  • 【弁護士が解説】大家さん...

    賃貸借契約が終了し、物件を明け渡した場合、戻ってくると聞いていた敷金が返還されないというトラブルに遭遇したことのある方は...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

交通事故・遺産相続に強い弁護士が、最善の解決方法を提案いたします。 一人で悩まずお気軽にご相談ください。

所属弁護士

松原 由尚(まつばら よしひさ)

仲谷 仁志(なかたに ひとし)

大島 智子(おおしま ともこ)

所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 兵庫県神戸市、芦屋市、明石市、西宮市を中心に、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府、和歌山県にお住まいの方から交通事故、相続などの法律相談を承っています。

法律問題の解決には、悩みを抱えている方のご状況をしっかりと把握することが重要と考えていますので、じっくり時間をかけて丁寧にお話しをお伺いすることを心がけています。

お困りの際は費用面など気になさらずお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 神戸あかり法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
所在地 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-3-2 三共神戸ツインビル11階
電話番号/FAX番号 TEL:078-360-0115 / FAX:078-360-0116
対応時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝

ページトップへ