078-360-0115
対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

空き家を相続放棄したら管理義務はどうなる?注意点も併せて解説/神戸あかり法律事務所

神戸あかり法律事務所 > 相続 > 空き家を相続放棄したら管理義務はどうなる?注意点も併せて解説

空き家を相続放棄したら管理義務はどうなる?注意点も併せて解説

空き家を相続放棄しても管理義務が残ることがあります。

今回の記事では、「空き家を相続放棄したら管理義務はどうなるか」「相続放棄する際の注意点」を詳しく解説します。

 

 

相続放棄」とは?

 

相続放棄」とは、相続人が被相続人からの相続財産を拒否したい場合にとる方法のことです。

資産の権利や負債の義務など、一切の相続権を放棄します。

相続が開始したことを知ってから3か月以内に、家庭裁判所に申述書を提出する必要があります。

 

 

空き家を相続放棄できる?

 

相続放棄は「一切の相続を拒否する」場合にのみできる方法です。

「空き家には価値がない」と考え相続拒否したくても、空き家だけを相続しないということは基本的にできません。

すべての相続権を放棄する場合のみ、空き家を相続しないという選択ができます。

ただし、 一度相続放棄を選択すると原則としてキャンセルできないため、慎重に考慮する必要があります。

 

 

空き家を相続放棄しても管理義務は残る?

 

民法940条には以下と定められています。

 

相続の放棄をした者は、その放棄の時に相続財産に属する財産を現に占有しているときは、相続人または相続財産の清算人に対して当該財産を引き渡すまでの間、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産を保存しなければならない

引用元:e-Gov 法令検索

 

空き家を相続放棄すると、次の相続順位の相続人に相続権が移ります。

しかし、次の相続人に引き渡す間は自主的なメンテナンスが必要です。

次の相続順位の相続人が誰もいない場合や相続人全員が相続放棄をした際も、管理する責任は残ります。

 

 

空き家を管理しなかった場合に生じる問題

 

空き家を管理しなかった場合、「損傷や倒壊による被害」「近所からの苦情」「特定空き家に指定され行政代執行の対象になる」などの問題が生じる可能性があります。

詳しく解説します。

 

 

損傷や倒壊による被害

 

適正にメンテナンスしなければ、台風や雪の重みなどで損傷や倒壊することも考えられます。

通行人や近所の家に被害を与えた場合、損害賠償請求されるなどトラブルに発展する可能性があります。

 

 

近所からの苦情

 

空き家を放置しておくと雑草が伸びたり、虫がわいたりして景観を損ねるため、近所の方から苦情がくることもあります。

不法投棄や放火のリスクも高まります。

 

 

「特定空き家」に指定され行政代執行の対象になる

 

管理しないと、倒壊寸前や衛生上の問題がある「特定空き家」に指定される場合があります。

適正にメンテナンスしないと罰金の対象になったり、 行政代執行によって、取り壊しの費用を差し押さえされる可能性があるため要注意です。

木造など建物の作りによりますが、取り壊し費用は坪単価で大体38万が相場です。

日本の戸建ての平均坪数が3040坪程度と言われているため、空き家の取り壊しには平均90320万程度はかかると想定されます。

 

 

まとめ

 

空き家を相続放棄しても、管理義務がなくならないこともあります。

適切に管理しなかった場合、問題も生じる可能性もあります。

空き家を相続放棄し、管理する責任もなくしたいときは弁護士などの専門家に相談するのがおすすめです。

当事務所が提供する基礎知識

  • 交通事故による脳挫傷|後...

    脳挫傷とは頭部を強く打撲したことにより、脳を損傷してしまった状態のことを指します。脳挫傷は症状が軽ければ完治することもあ...

  • 遺留分減殺請求とは(遺留...

    法定相続人には最低限相続できる財産として認められている遺留分というものがあります。これは故人様の配偶者、父母や祖父母など...

  • 神戸で相続に強い弁護士を...

    相続は珍しいものではなく、ほとんどの人が遭遇するものです。しかしながら、その手続きや規則は中々素人には難しいものが多くあ...

  • 家賃滞納者を強制退去させ...

    家賃滞納者を強制退去させることは可能ですが、条件もあります。今回の記事では、家賃滞納者を強制退去させる具体的な手順や費用...

  • 遺産相続の流れ

    人が亡くなると遺産相続が起こります。相続をするためには、亡くなった方の死亡届の提出や遺言書の確認などから始まる様々な手続...

  • 慰謝料・損害賠償

    交通事故で怪我を負うほどの傷害を受ければ,被害者は加害者に損害賠償と慰謝料を請求することができます。では具体的に⑴損害賠...

  • 【オーナーさん必見】家賃...

    現在、家賃の値上げを考えていらっしゃるオーナーの方は、すでに賃貸借契約を締結している方からの同意を得るにはどうすれば良い...

  • 相続放棄

    遺産相続で受け継ぐものとしてよくイメージされるのは、ご自宅や土地、現金などのプラスの財産ですが、借金などマイナスの財産も...

  • 逸失利益とは?計算方法や...

    交通事故により生じる損害には、様々なものがあります。ケガを治療するための入院費や車を修理する費用、ケガにより働くことがで...

  • 過失割合

    交通事故が起きたとき、事故によって被害を受けた人が被害者、被害者にケガなどを負わせた人が加害者になります。しかしながら加...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

交通事故・遺産相続に強い弁護士が、最善の解決方法を提案いたします。 一人で悩まずお気軽にご相談ください。

所属弁護士

松原 由尚(まつばら よしひさ)

仲谷 仁志(なかたに ひとし)

大島 智子(おおしま ともこ)

所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 兵庫県神戸市、芦屋市、明石市、西宮市を中心に、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府、和歌山県にお住まいの方から交通事故、相続などの法律相談を承っています。

法律問題の解決には、悩みを抱えている方のご状況をしっかりと把握することが重要と考えていますので、じっくり時間をかけて丁寧にお話しをお伺いすることを心がけています。

お困りの際は費用面など気になさらずお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 神戸あかり法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
所在地 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-3-2 三共神戸ツインビル11階
電話番号/FAX番号 TEL:078-360-0115 / FAX:078-360-0116
対応時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝

ページトップへ