078-360-0115
対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

立ち退き 裁判/神戸あかり法律事務所

神戸あかり法律事務所 > 不動産に関するキーワード > 立ち退き 裁判

立ち退き 裁判

  • 遺産相続の流れ

    遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類がありますが、公正証書遺言以外は、家庭裁判所で検認を受ける必要があります。また、遺言書を勝手に開封や検認を受けないまま遺言書に沿って手続きをしてしまうと罰則があるため、注意が必要です。■相続人・相続財産の確認遺言書がない場合は遺産分割協議をすることになりま...

  • 遺言書作成

    公証役場で証人2人以上の立ち会いのもと公証人が作成し、原本は公証役場に保管されるため、改ざんや紛失の心配が無く、自筆証書遺言や秘密証書遺言などのように家庭裁判所での検認手続きを経ずに執行手続きに進めることが大きなメリットです。その一方で、遺言の内容を証人に知られてしまい、作成に費用も時間もかかるなど、デメリットも...

  • 遺留分減殺請求とは

    ここで合意ができれば、遺留分の取戻しができます。交渉がうまくまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立て、調停委員を間に入れた話し合いに進みます。③ 調停が不成立となった場合は、訴訟を提起することになります。訴訟では請求者と相手方、双方の主張や証拠に基づいて、裁判所の判決が下されます。

  • 相続放棄

    故人様の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出します。このとき、故人様の住民票除票もしくは戸籍附票、申立人(ご自身)の戸籍謄本、収入印紙800円分と郵便切手が必要です。故人様との関係によっては、さらに多くの書類の提出が求められる場合もあります。 ② 「照会書」の返送必要書類を提出後に送付されて...

  • 過失割合

    割合を決める基準としては、過去の裁判例があります。当該交通事故と類似の事故に際して裁判所がどのように過失割合を決めていたかを参考に決めます。また、当該交通事故の事実確認としては警察による双方の事情聴取、状況確認などの記録が素材になるでしょう。しかしながら警察が過失割合を決めることはありません。あくまでも損害賠償と...

  • 死亡事故

    ④(裁判をした場合の)弁護士費用 ①葬儀関係費用は原則150万円②生きていれば得られたはずの収入などの財産は被害者の都合によります。③慰謝料(死亡慰謝料)は被害者が一家の大黒柱の場合は2800万円、妻・母の場合は2500万円、子どもなどその他の場合は2000万円〜2500万円が相場となります(『民事交通事故訴訟損...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    建物の明け渡しや立ち退きに関することは、弁護士にご依頼いただくことでお客様に代わって、明け渡しや立ち退きの交渉をいたします。弁護士にこの業務をご依頼いただくことによって、法的観点からの交渉が可能になる上、裁判手続きに移行した場合でも、スムーズに裁判手続きに移行することが出来ます。 建物の明け渡し・立ち退きに関して...

  • 騒音・振動

    また、仮に裁判となった場合でも裁判手続きにスムーズに移行できることも弁護士に依頼する大きなメリットとなります。 騒音・振動は交渉を行うことで解決することがあります。騒音・振動に関してお困りのことがございましたら、まずは専門家である当事務所の弁護士までお問い合わせください。 神戸あかり法律事務所は、神戸市、芦屋市、...

  • 刑事事件の流れ

    検察でも同様に取り調べが行われ、さらに身柄を拘束する必要があると検察が判断すると、裁判官に10日以内の範囲で勾留請求されます。勾留請求は10日以内の範囲で二回まで行うことが出来るため、最大23日間身柄が拘束されることとなります。 この勾留期間を経て、起訴(検察が被疑者の処分を裁判所に求める)されると、刑事裁判が行...

当事務所が提供する基礎知識

  • 立ち退き交渉を裁判で解決...

    例えば家賃が数ヶ月滞納している、あるいは賃貸している部屋を契約内容にそぐわない意図で使用した場合に、貸主(大家さん)は借...

  • 婿養子の相続権について

    通常の相続の場合、民法上相続人になりうるのは被相続人の配偶者、子、兄弟姉妹、直系尊属に限られます(民法887、889、8...

  • 人身事故

    交通事故に遭ったとき、被害者がケガをすることや、場合によっては死亡することもあります。このときに被害者(またはご遺族)は...

  • 傷害罪とは

    傷害罪における傷害とは、相手の生理的機能を害する行為のこととされています。 傷害の生理的機能を害するとは、医学...

  • 高次脳機能障害とは

    「交通事故の被害に遭い、後遺障害が残りそうだと医師に診断されたが、加害者側の保険会社からは後遺障害は認められないと言われ...

  • 自賠責保険の被害者請求

    一般的に、自動車が交通事故を起こし他人の生命または身体に損害が生じた場合、自動車の運行供用者は損害賠償責任を負います(自...

  • 賃料・家賃交渉

    賃貸物件の賃料交渉は原則として、ご自身で行うことが重要です。これは、賃貸人と賃借人の関係を崩さない交渉ができることももち...

  • 相続遺産の使い込みが発覚...

    遺産の使い込みとは、被相続人の遺産を相続人などが自分のものとしている状態を言います。使い込みの具体例を挙げるとすると、相...

  • 迷惑防止条例とは

    迷惑防止条例とは、各都道府県が市民の平穏な生活を守るために定める条例のことで、兵庫県では正式には「公衆に著しく迷惑をかけ...

  • 騒音・振動

    騒音や振動に関しては、「騒音規制法」や「振動規制法」によって規制が行われています。そのため、この法律に反している騒音や振...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

交通事故・遺産相続に強い弁護士が、最善の解決方法を提案いたします。 一人で悩まずお気軽にご相談ください。

所属弁護士

松原 由尚(まつばら よしひさ)

仲谷 仁志(なかたに ひとし)

大島 智子(おおしま ともこ)

所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 兵庫県神戸市、芦屋市、明石市、西宮市を中心に、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府、和歌山県にお住まいの方から交通事故、相続などの法律相談を承っています。

法律問題の解決には、悩みを抱えている方のご状況をしっかりと把握することが重要と考えていますので、じっくり時間をかけて丁寧にお話しをお伺いすることを心がけています。

お困りの際は費用面など気になさらずお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 神戸あかり法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
所在地 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-3-2 三共神戸ツインビル11階
電話番号/FAX番号 TEL:078-360-0115 / FAX:078-360-0116
対応時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝

ページトップへ