078-360-0115
対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

後遺障害 認定されたら/神戸あかり法律事務所

神戸あかり法律事務所 > 交通事故に関するキーワード > 後遺障害 認定されたら

後遺障害 認定されたら

  • 交通事故によるむちうち|後遺障害として認定される?

    後遺障害の基本的な事項に関しては、当ホームページの「後遺障害等級が認定されたら賠償額はどうなる?認定後の流れは?」をご覧いただけると幸いです。むちうちは交通事故直後に症状が出るものではなく、事故後数日経ってから症状が出ることが多くあります。そして、症状についても様々で、完治するものもあれば、なかなか完治しないもの...

  • 後遺障害等級認定

    このような背景で、後遺症の重度の判断をする役割を果たすのが「後遺障害等級認定」です。ちなみにこちらは国土交通省が設定しております。「後遺障害等級認定」では後遺症の重さにより保険金は異なっています。例えば、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの(第1級)」と認定された場合には保険金として4...

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    後遺障害等級認定後遺障害は、交通事故による後遺症のなかでも、自賠法施行令に定められた一定の条件を満たさなければ認定されません。後遺障害は1級から14級までの等級が定められており、数字が小さい方が重い障害となります。この後遺障害等級認定は、加害者側の保険会社による事前認定と、被害者側による被害者請求と呼ばれる2種...

  • 高次脳機能障害とは

    「交通事故の被害に遭い、後遺障害が残りそうだと医師に診断されたが、加害者側の保険会社からは後遺障害は認められないと言われてしまった。どうすればよいだろうか。「示談が成立したが、その後症状が出始めた。この症状について損害賠償を請求することはできないのだろうか。交通事故による高次脳機能障害について、こうしたお悩みをお...

  • 人身事故の示談交渉で知っておきたいポイント

    また、人身事故により後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害等級の認定を受けることで、後遺障害についての慰謝料や逸失利益を請求することも認められています。後遺障害等級の認定には、医師が作成する後遺障害診断書などを添付して申請が必要ですが、被害者側が申請を行う被害者請求によって請求することで、より納得のいく後遺障害...

  • 自賠責保険の被害者請求

    それは眼底骨折や慢性硬膜下血腫後遺障害が残る場合です。単なる骨折の場合は、骨折にかかった治療費を割り出すだけで良いですが、後遺障害の場合は損害がどの程度なのかを被害者が請求する時点で明確にすることができないのが問題となります。そこで、後遺障害等級認定が制度化されています。これは、後遺障害の度合いにより支払われる慰...

  • 逸失利益とは?計算方法や相場はいくら?

    例えば、交通事故により会社の取り引きをすることができなくなったり、後遺障害により今まで通り働くことができなくなったために収入が減少したないしは無くなった場合には、逸失利益を認めることができます。 逸失利益の計算方法としては、例えば、逸失利益=基礎収入額×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

  • 後遺障害等級が認定されたら賠償金はどうなる?認定後の流れは?

    後遺障害等級後遺障害等級には1級〜14級があり、各等級の認定基準も公開されています。後遺障害等級の認定は、「損害保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)」という審査機関が行います。 ◆後遺障害に認定された場合の賠償金後遺障害等級は数字が小さくなるほど、認定される後遺症の症状が重いものであり、かつ賠償金の額も多く...

当事務所が提供する基礎知識

  • 刑事事件の示談―ポイント...

    刑事事件において示談は大きな意味を持ちます。示談とは、民事上の加害者と被害者の間の和解のことを指します。示談では該当する...

  • 相続放棄

    遺産相続で受け継ぐものとしてよくイメージされるのは、ご自宅や土地、現金などのプラスの財産ですが、借金などマイナスの財産も...

  • 連れ子の相続権

    ■相続権が認められる範囲人が亡くなると相続が発生しますが、亡くなった方(被相続人)の財産を受け取る権利を持っている人のこ...

  • 慰謝料・損害賠償

    交通事故で怪我を負うほどの傷害を受ければ,被害者は加害者に損害賠償と慰謝料を請求することができます。では具体的に⑴損害賠...

  • 高次脳機能障害とは

    「交通事故の被害に遭い、後遺障害が残りそうだと医師に診断されたが、加害者側の保険会社からは後遺障害は認められないと言われ...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    不動産の売買や賃貸においては、建物の契約を結んだあとに建物を明け渡す、立ち退いてもらうことでようやくすべての契約が履行さ...

  • 後遺障害等級が認定された...

    ◆後遺障害等級後遺障害等級には1級〜14級があり、各等級の認定基準も公開されています。後遺障害等級の認定は、「損害保険料...

  • 逸失利益とは?計算方法や...

    交通事故により生じる損害には、様々なものがあります。ケガを治療するための入院費や車を修理する費用、ケガにより働くことがで...

  • 騒音・振動

    騒音や振動に関しては、「騒音規制法」や「振動規制法」によって規制が行われています。そのため、この法律に反している騒音や振...

  • 賃料・家賃交渉

    賃貸物件の賃料交渉は原則として、ご自身で行うことが重要です。これは、賃貸人と賃借人の関係を崩さない交渉ができることももち...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

交通事故・遺産相続に強い弁護士が、最善の解決方法を提案いたします。 一人で悩まずお気軽にご相談ください。

所属弁護士

松原 由尚(まつばら よしひさ)

仲谷 仁志(なかたに ひとし)

大島 智子(おおしま ともこ)

所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 兵庫県神戸市、芦屋市、明石市、西宮市を中心に、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府、和歌山県にお住まいの方から交通事故、相続などの法律相談を承っています。

法律問題の解決には、悩みを抱えている方のご状況をしっかりと把握することが重要と考えていますので、じっくり時間をかけて丁寧にお話しをお伺いすることを心がけています。

お困りの際は費用面など気になさらずお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 神戸あかり法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
所在地 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-3-2 三共神戸ツインビル11階
電話番号/FAX番号 TEL:078-360-0115 / FAX:078-360-0116
対応時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝

ページトップへ