078-360-0115
対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

【遺留分侵害額請求権】時効は何年?注意点も併せて解説/神戸あかり法律事務所

神戸あかり法律事務所 > 相続 > 【遺留分侵害額請求権】時効は何年?注意点も併せて解説

【遺留分侵害額請求権】時効は何年?注意点も併せて解説

遺言などにより一人の相続人に相続が集中してしまった場合など、相続人の遺留分が侵害されている場合には遺留分侵害額請求を行うことが考えられます。

しかし、こうした遺留分侵害額請求権には時効があり、時効期間を満了してしまうと請求ができなくなってしまいます。

そこで、本記事では遺留分侵害額請求権の時効や注意点について解説します。

 

 

遺留分侵害額請求には二つの期限がある

 

遺留分侵害額請求権が請求できる期間には、時効期間と除斥期間の2種類の期間制限があります。

ここではその2種類の期間制限について紹介します。

 

・時効期間について

遺留分侵害額請求権の時効は、「相続の開始」および「遺留分を侵害する贈与または遺贈があったことを知った時」から1年となっています。

そのため、「相続の開始」と「遺留分を侵害する贈与または遺贈があったことを知った」ことの2つを認識したときから時効の起算がスタートするため、例えば被相続人が亡くなったことを知らなかった場合のように、相続が開始していることを知らなかったときは時効にはかからないことになります(ただし、この場合でも後述する除斥期間の問題はあります。)。

時効期間を満了した後は遺留分侵害者が時効を援用することで時効が成立し、遺留分侵害額請求権は行使できないことになります。

 

・除斥期間について

遺留分侵害額請求権の除斥期間は、「相続開始の時」から10年となっています。

そのため、相続開始の時から10年間が経過した場合には遺留分侵害額請求権は消滅することになります。

 

・注意点

注意が必要なのは、除斥期間については、時効と異なり遺留分侵害額請求権を行使しようとする者の認識は要件となっていません。

したがって、時効が成立していなくても、相続開始の時から10年が経過すると遺留分侵害額請求権が消滅してしまいます。

また、時効と違って遺留分侵害者が援用しなくても期間の経過によっても成立するため、期間が経過すると自動的に遺留分侵害額請求権は消滅してしまうことになります。

この点は時効と異なるため十分注意しておく必要があります。

 

 

相続に関することは神戸あかり法律事務所にご相談ください

 

遺留分侵害額請求権には2種類の期間制限があり、時効は権利を行使しようとする者の認識に影響されるため、相続開始を知らなかったといった事情がある場合には時効が成立しない場合がありますが、除斥期間については期間が経過してしまえば相続の開始の認識があってもなくても自動的に権利が消滅してしまうため注意が必要になります。

遺留分侵害についてお悩みの方は、神戸あかり法律事務所へご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 相続放棄

    遺産相続で受け継ぐものとしてよくイメージされるのは、ご自宅や土地、現金などのプラスの財産ですが、借金などマイナスの財産も...

  • 交通事故による脳挫傷|後...

    脳挫傷とは頭部を強く打撲したことにより、脳を損傷してしまった状態のことを指します。脳挫傷は症状が軽ければ完治することもあ...

  • 神戸で交通事故に強い弁護...

    神戸市の発表によると、平成30年度の神戸市内での交通事故件数は6140件であり、7,389人もの方が負傷され、25人もの...

  • 弁護士費用特約の適用範囲...

    保険の契約をする際やテレビCMなどで「弁護士費用特約」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?当記事では、弁護...

  • 【遺留分侵害額請求権】時...

    遺言などにより一人の相続人に相続が集中してしまった場合など、相続人の遺留分が侵害されている場合には遺留分侵害額請求を行う...

  • 【弁護士が解説】大家さん...

    賃貸借契約が終了し、物件を明け渡した場合、戻ってくると聞いていた敷金が返還されないというトラブルに遭遇したことのある方は...

  • 遺留分減殺請求とは(遺留...

    法定相続人には最低限相続できる財産として認められている遺留分というものがあります。これは故人様の配偶者、父母や祖父母など...

  • 交通事故発生から解決まで...

    「歩行中に交通事故の被害に遭い現在入院しているが、今後のどのような流れで対応していけばよいのか分からない。」「親戚が交通...

  • 遺産分割

    相続において複数の相続人がいる場合、まず遺産は共有状態となります。それぞれの相続人が単独で財産を所有できるようにするため...

  • 連れ子の相続権

    ■相続権が認められる範囲人が亡くなると相続が発生しますが、亡くなった方(被相続人)の財産を受け取る権利を持っている人のこ...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

交通事故・遺産相続に強い弁護士が、最善の解決方法を提案いたします。 一人で悩まずお気軽にご相談ください。

所属弁護士

松原 由尚(まつばら よしひさ)

仲谷 仁志(なかたに ひとし)

大島 智子(おおしま ともこ)

所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 兵庫県神戸市、芦屋市、明石市、西宮市を中心に、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府、和歌山県にお住まいの方から交通事故、相続などの法律相談を承っています。

法律問題の解決には、悩みを抱えている方のご状況をしっかりと把握することが重要と考えていますので、じっくり時間をかけて丁寧にお話しをお伺いすることを心がけています。

お困りの際は費用面など気になさらずお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 神戸あかり法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
所在地 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-3-2 三共神戸ツインビル11階
電話番号/FAX番号 TEL:078-360-0115 / FAX:078-360-0116
対応時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝

ページトップへ