078-360-0115
対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

【弁護士が解説】大家さんから敷金が返還されない場合の対処法/神戸あかり法律事務所

神戸あかり法律事務所 > 不動産トラブル > 【弁護士が解説】大家さんから敷金が返還されない場合の対処法

【弁護士が解説】大家さんから敷金が返還されない場合の対処法

賃貸借契約が終了し、物件を明け渡した場合、戻ってくると聞いていた敷金が返還されないというトラブルに遭遇したことのある方は多いのではないでしょうか。

敷金は基本的には契約終了時に返還する必要のあるものですが、返還されないトラブルは多く見られます。

そこで、本記事では敷金の返還がされない場合の対処法について解説します。

 

 

敷金とは

 

敷金とは、賃貸借契約中に発生する賃借人の債務を担保するために、賃借人から賃貸人へと差し入れられる金銭のことをいいます。

この敷金は、未払いの賃料や明け渡し時に必要となる原状回復に必要な費用を担保しており、明け渡し時にこれらの費用が必要となった場合にはその支払いに充てられます。

敷金に類似するものとして礼金がありますが、礼金は大家に謝礼の意味を込めて支払われる金銭です。

そのため、敷金と異なり返ってくることはありません。

敷金と礼金は全く異なるものとなるため、十分注意しておきましょう。

 

 

敷金が返還されない場合の対処法

 

では、敷金の返還がされない場合、どのように対処すれば良いでしょうか。

ここからは対処法について解説します。

 

・大家・管理会社と交渉する

まずは大家や管理会社と交渉を行います。

管理会社が窓口になっている場合には管理会社と、管理会社がいない場合に大家と交渉を行うと良いでしょう。

返金を申し入れる前に、敷金の返還を求める根拠について国交省のガイドラインを確認し、敷金で負担しなければいけない費用がない、もしくは敷金の一部にとどまることを確認しておきましょう。

ご自身の主張がこうしたガイドラインに基づくものである場合には説得力が増しますし、交渉に入る際にもガイドラインに従って交渉していることを伝えることもできます。

ガイドラインにはかなり細かく具体的な事例が記載されているため、交渉前に確認しておきましょう。

 

・内容証明郵便による書面の送付

交渉で返金に応じてもらえない場合には、次に内容証明郵便による書面の送付を行う事が考えられます。

内容証明郵便自体に支払いを強制する法的な効力はありませんが、心理的なプレッシャーになるため支払いに応じる可能性が高まる点はポイントとなります。

また、同じ内容証明郵便による書面でも、弁護士から送った場合にはさらに効果が強まることが期待できます。

 

・少額訴訟の提起

内容証明郵便による書面を送っても支払われない場合には、少額訴訟の提起を検討します。

少額訴訟は60万円以下の請求額であれば利用可能な制度で、通常の訴訟に比べて非常にスピーディーに判決に至る点や費用を抑えることができる点が特徴です。

 

 

不動産トラブルは神戸あかり法律事務所にご相談ください

 

敷金の返還にあたっては、管理会社や大家が主張する原状回復の費用が敷金で担保されるべきものなのかや、返還に応じてもらえない場合には最終的に訴訟を考える必要があるなど様々なハードルがあります。

弁護士へ依頼することでこうしたハードルを下げ、迅速に敷金の返還がなされることが期待できます。

敷金の返還でお悩みの方は神戸あかり法律事務所へご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 騒音・振動

    騒音や振動に関しては、「騒音規制法」や「振動規制法」によって規制が行われています。そのため、この法律に反している騒音や振...

  • 慰謝料・損害賠償

    交通事故で怪我を負うほどの傷害を受ければ,被害者は加害者に損害賠償と慰謝料を請求することができます。では具体的に⑴損害賠...

  • 遺留分減殺請求とは(遺留...

    法定相続人には最低限相続できる財産として認められている遺留分というものがあります。これは故人様の配偶者、父母や祖父母など...

  • 人身事故の示談交渉で知っ...

    現在の日本では、およそ1分に1件の割合で交通事故が発生しているといわれています。このページでは、交通事故にまつわる数多く...

  • 賃料・家賃交渉

    賃貸物件の賃料交渉は原則として、ご自身で行うことが重要です。これは、賃貸人と賃借人の関係を崩さない交渉ができることももち...

  • 後遺障害等級が認定された...

    ◆後遺障害等級後遺障害等級には1級〜14級があり、各等級の認定基準も公開されています。後遺障害等級の認定は、「損害保険料...

  • 連れ子の相続権

    ■相続権が認められる範囲人が亡くなると相続が発生しますが、亡くなった方(被相続人)の財産を受け取る権利を持っている人のこ...

  • 相続放棄

    遺産相続で受け継ぐものとしてよくイメージされるのは、ご自宅や土地、現金などのプラスの財産ですが、借金などマイナスの財産も...

  • 空き家を相続放棄したら管...

    空き家を相続放棄しても管理義務が残ることがあります。今回の記事では、「空き家を相続放棄したら管理義務はどうなるか」「相続...

  • 成年後見制度とは

    成年後見制度とは、認知症の発症者など、事理弁式能力を欠く人(被後見人)に財産管理などをサポートする人(後見人)をつける制...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

交通事故・遺産相続に強い弁護士が、最善の解決方法を提案いたします。 一人で悩まずお気軽にご相談ください。

所属弁護士

松原 由尚(まつばら よしひさ)

仲谷 仁志(なかたに ひとし)

大島 智子(おおしま ともこ)

所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 兵庫県神戸市、芦屋市、明石市、西宮市を中心に、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府、和歌山県にお住まいの方から交通事故、相続などの法律相談を承っています。

法律問題の解決には、悩みを抱えている方のご状況をしっかりと把握することが重要と考えていますので、じっくり時間をかけて丁寧にお話しをお伺いすることを心がけています。

お困りの際は費用面など気になさらずお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 神戸あかり法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
所在地 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-3-2 三共神戸ツインビル11階
電話番号/FAX番号 TEL:078-360-0115 / FAX:078-360-0116
対応時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝

ページトップへ